エコキャップ活動

【エコキャップ活動について】

カローラ山形では、エコキャップ活動を行っています。

ペットボトルのキャップをリサイクル業者に売却して、

『NPO法人 世界の子供にワクチンを 日本委員会』に寄付しています。



エコキャップ運動は、ペットボトルはリサイクルされているのに、

キャップはゴミとして捨てられているのを見た横浜の女子高生が始めた活動です。



カローラ山形は2010年2月より活動を開始し、

2016年12月末時点での累計回収数が、714万8千個になりました。

これは

ポリオワクチン8313人分

はしかワクチン3580人分

に相当します


キャップは430個で10円になり、ポリオワクチンは20円で、

はしかワクチンは95円で購入できます。



430個のキャップをゴミとして燃やせば、3㎏の二酸化炭素が発生します。

二酸化炭素の増加は地球温暖化の原因になり、

異常気象による環境破壊や災害をもたらします。



エコキャップ運動は、世界の子供の命を救うだけでなく、

二酸化炭素発生を阻止し、環境汚染を防ぐ手助けにもなっています。







カローラ山形は、今後も環境に優しいお手伝いをさせて頂きます。



どうぞよろしくお願い致します。

  1. エコキャップ活動